久貴ぶろ

ファッションを楽しむ!自分を知ることが大事だと考えている20代のブログ。

洋服を選ぶ時悩みませんか?色の決め方!

 

色の決め方。

色を決める時は、

「どこで着るか」

が大きなポイントになります。

 

すごく極端な例えをします。

冬のリビングやスーパーでオレンジとピンクを着るとしたら少しきつくないですか?

でも、それがリゾートであればしっくりとくるはずです。

ビーチ、空や建物などのリゾートのいろんな要素で調和されるからです。

 

エメラルドやオリーブなどを繊維産業が真似て作った色に難しく思う必要はありません。どんなに派手に見えても、おそらく本物の植物であったり宝石の色と比べるとそうでもないからです。

自然の色は簡単に受け入れられます。

自分のワードローブの色で悩まなくても大丈夫ですよ。

色はその人に楽しみを与えてくれます。

色を楽しんでください。

色を知る、好きになる。

そして、色を使い始めるとファッションがより楽しくなります!

 

 

簡単に色を決める方法があります。

「服を着る場所」

を色選びに使うことです。

この赤のニットには、この色のパンツで、コートははこれかな〜

そうこう考えているとやっぱり赤のニットじゃなくってこの色のという感じで迷走していった経験はありませんか?

僕はありました。

 

シーズンは夏。

海に行く。

海の色を選びましょう。

海では海の色が基本の色です。

そうであれば、青もしくは緑を取り入れてみると良いです。

あとはターコイズとなんかも良いです。

このような感じで、

今日は○○に行く。

○○はこういう場所。

派手な色よりも控えめな色の方が良いのではないか。

控えめな色よりも派手な色の方が良いのではないか。

という考え方で行く場所の景色や建物などを参考にしてみてください。

きっと、着るべき色の選定が今までよりも楽になります。そして楽しくなります。

 

色にはお金がかかりません。

色は1番簡単に手に入ります。

全くお金がかからないというわけではありません。

完璧な仕立てでシルエットも良くて、素材も良いものだとすごく高価です。

でも、色なら大丈夫です。

すぐに分かりやすい変化を与えてくれます。

それが色です。

例えば自分がいつもネイビーやブラックとくらい色ばかりを着ているとします。

赤をきてみてください。

もしくは、どこかに赤を入れてみてください。

すぐに注目を浴びますよ。

このような感じで色を使い始めてはどうでしょう。

 

1つ覚えておいて欲しいことが、色は素材によって違った色に見えることです。

素材の表面の質感や手触りなどで色は違って見えます。

同じ赤でも、サテン、ジャージー素材では全く違う表情の赤に見えます。

光沢がある布地だと、色は強く、明るく出ます。

光沢がない布地だと、色はソフトに出ます。

 

色を使う時にはどんな生地をどのくらいの量を使うのかを考えることも大切だと思います。